5月, 2013年

神話の里・高千穂とパワースポット弊立神宮へのスピツアーが今年も登場!

2013-05-24

世界最古と言われる幣立神宮と、元祖天孫降臨伝説の

パワースポット2か所を同時に贅沢訪問するミステリー

スピツアーのご案内です

天孫降臨伝説は日本にいくつかの候補地がありますが、

中でも有力で人気の場所が宮崎県と熊本県の県境に近い

高千穂地方です

伝説では、高千穂周辺は地上に降りた神々の居住領域

”高天原”の地であり、天上界から地上界への神話の

第二ステージとして、ノアの方舟が漂着したアララト山に

ちなんで、日本のアララト山とも言われています

周辺には、天の岩戸伝説で有名な神社やスポットが散在

しており、また隣の南阿蘇には、スピリチュアル世界で大変

注目されている世界最古の神社と言われる幣立神宮があります

実際に足を運び、その波動や氣エネルギーをとことん

味わってみませんか?

 

<1泊2日 東京・大阪発>

①2013年 7/19(金)~20(土)

②2013年 7/21(日)~22(月)

1日目

午前 羽田/大阪空港発 熊本空港着

レンタカーで移動

南阿蘇を通り、白川水源観光、

パワーストーンショップ「開運館」見学

弊立神宮参拝 (祈りと冥想)

高千穂 くしふる神社、荒立神社参拝

高千穂神社で夜神楽を鑑賞

(食事)    朝X 昼X 夜〇

(宿泊)    高千穂のホテル(未定)

2日目

午前 国見ケ丘で冥想・日の出鑑賞

高千穂神社参拝

天の岩戸神社、天の安河原参拝

高千穂峡でボート観光 (任意)

午後15時頃 熊本空港へ移動

熊本発羽田着、大阪着

(食事)   朝〇 昼X 

 

<2泊3日 東京発のみ>

2013年 7/20(土)~22(月)

1日目

羽田空港 8時頃発の飛行機で熊本空港へ

レンタカーで移動

南阿蘇を通り、白川水源観光、

パワーストーンショップ「開運館」見学

弊立神宮参拝 (祈りと冥想)

高千穂 くしふる神社、荒立神社参拝

高千穂神社で夜神楽を鑑賞

(食事)   朝X 昼X 夜〇

(宿泊)   高千穂のホテル(未定)

2日目

午前 国見ケ丘で冥想・日の出鑑賞

天の岩戸神社、天の安河原参拝

阿蘇神社参拝

やまなみハイウェイ経由で黒川温泉郷へ

(食事)   朝〇昼X 夜〇

(宿泊)   黒川温泉のホテル

3日目

午前 阿蘇山観光

午後15時頃 熊本空港発で羽田空港へ

(食事)    朝〇 昼X 夜X

■白川水源

牧歌的で雄大な南阿蘇にある、日本の名水百選に選ばれた

毎分60トンの湧水量を誇る清水の水源地。浄化エネルギーで

満ちたイヤシロチにあるネイチャーストーンズ本店「開運館」では

豊富なパワーストーンを観賞したり購入できます

■幣立神宮

全国、世界から著名なヒーラーたちも訪れるという、知る人

ぞ知るパワースポットで日本最古の神社とも言われています

悠久の昔、天の神々が地球上の人類を心配して、地球の

中心・幣立神宮に火の玉に移って降臨し、その所に芽生えた

万世一系の巨木(一万五千年の命脈を持つといわれる日本一

の巨檜)にお留まりになったとのこと

それが神漏岐・神漏美命で、この二柱の神を祀ったのが

日の宮・幣立神宮だそうです

御祭神は神漏岐命・神漏美命・大宇宙大和神・大御中主大神・

天照大御神の蒼々たる神々が祀られています

地底からエネルギーの振動が全身に脈打ち、身体を突き

上げてくる感覚です

境内にある龍神、水神様が祀られている祠も存在感は大きく、

また”ひもろぎ”の巨檜は深い慈悲と豊かな叡智の波動を

発しており、太古の昔から脈々と続く地球という大きな生命体

の息吹を直接肌で感じさせてくれる最強の聖地と言えます

■天の岩戸神社、天安河原

高千穂にある有名な伝説の場所、日の神、天照皇大神が

弟スサノオノ尊の乱暴狼藉に困惑して天の岩屋閉じこもって

しまった場所です

国中が闇となり困り果てた八百万の神々が集い対策を練った

といわれるのが天安河原。

神社を出て河原沿いに歩いて10分ほどの所に天安河原

はあります。深く抉られた崖下の半洞窟スペースに鳥居と

祠が祀られ、辺り一面には石積みの小山が異様な景観を

演出しています

 

■荒立神社

くしふる神社の裏山に位置し、天孫降臨の道案内役の

猿田彦命と岩戸開きの立役者天鈿女の命が祀られています。

2人が結婚する際、周辺の荒木で急いでお宮を建立したこと

からその名がついており、夫婦円満、縁結び、諸願成就など

のご利益があるとのことです

■高千穂神社

高千穂峡のすぐ近くで、11代垂仁天皇の御代の創建と伝えられ、

御祭神は上古高千穂皇神、別名十社大明神です。境内に聳える

樹齢800年の秩父杉は柔らかい波動で癒し効果抜群、いつまでも

傍に立っていたくなる心地良さです

何といっても見所は夜神楽です。いわゆる観光神楽で4番の舞い

のみですが見応えがあります

■高千穂峡

高千穂最大の観光スポットです。阿蘇の噴火で堆積した

溶岩が長年に渡って浸食されて出来た渓谷とのこと

エメラルドグリーンの渓流に天女が舞い降りてきそうな白く

繊細な瀧が神秘的な空間を醸し出しており渓谷美に暫し

うっとりとしてしまいます

■ 国見ヶ丘

高千穂市街地や風光明媚な山畑を見下ろす小高い丘

神武天皇の御孫 健磐竜の命が国見されたという伝説

の丘で早朝幾重にもなる雲海を観賞出来るポイントと

しても有名

■ 阿蘇山と阿蘇神社

火の国最大のパワースポットです

麓の阿蘇神社は全国阿蘇神社の総本社

主祭神の健磐龍命(たけいわたつのみこと)は

神武天皇の孫で神武天皇の命で筑紫平定にこの地に来て、

阿蘇開拓の祖となった開拓と農耕の神様です

高さ21mの楼門は日本三大楼門の一つで壮観です

 

■ナビゲーター

まんだらや関西 代表 高橋一天 (高野山真言宗阿闍梨)

■ツアー料金

1泊2日 東京・大阪発 75,000円

2泊3日 東京発    100,000円

 (往復航空券、移動費、宿泊費※、

食事(1泊2日朝夕各1回 2泊3日各2回)、

参拝料、指導・案内料、税込み)

※宿泊は2人部屋料金です

お一人の場合は追加料金 5,000円/日 となります

※上記以外の地点からの料金はご相談下さい

■ツアー催行  3名様より

※航空券予約はツアー催行が可能となってからの手配となり、

万一座席が用意できない場合は催行中止となります

ご了承ください

※航空会社、出発時刻、ホテルは予約確定後にご案内いたします

■旅行保険

加入をお勧めいたします

当方で簡単に手配いたします

(1,000円/人程度です)

 

別途、人数が3名以上でご旅行を希望の方には

日程設定を個別に承ります

 

締切 : 2013年 7月12日(金)

 

 

鞍馬「五月満月祭(ウエサク祭)」に参加しませんか?

2013-05-17

今年もやってまいりました
あの京都鞍馬寺の年中行事の

ウエサク祭(五月満月祭)

早くも来週に近づいてまいりましたね
五月満月と書いて「ウエサク」と読みますが、おさらいです

かつて秘儀として長い間その存在を知られていなかったそうで、
昭和29年に初めて一般公開されたとのこと

起源は・・・

釈尊(お釈迦さま)の生誕、悟りを開いた日、そして入滅した日
その全てが
Visakha(インドの太陰暦の第二月名)の第一満月の夜 だったといいます

その日行われるのが

Vesak puja (ヴェサク プジャ)という祈りの儀式です 

インドから上座部の仏教国に広がりVesak、Wesak と呼ばれており、
ウエサクの語源になったようです

日本では昨年は5月6日(日曜日)の夜でした

そして今年は5月24日(金)日没後からにあたります

そんな鞍馬山のウエサク祭に一緒に参加しませんか?

今年は2013年という昨年からの変革の嵐がさらに大きく吹き荒れる
大変重要な年です

世界中、地球中が、二元論的な対立に翻弄され、大地が鳴動し、
磁気の狂いによる気象の乱れが極化し、ますます地球が大きな
シフトチェンジを迎えてようとしていてます

清らかなる人間の本質を再び引き出し、世界中の人々に心の平安
が訪れ、覚醒する時が来るよう祈りましょう

共にガイアの平和と世界の意識向上を祈願しましょう

集合日時: 5月24日(金) 14:00

集合場所:  京都 叡山電鉄 出町柳駅前


大きな地図で見る

実費:   交通費、食費等

昨年同様、混雑が予想されますので早めに向かいます

その後先に奥の院(魔王殿)を参拝します

<3部制>

第1部 19時開始       地鏡浄業(きよめ)

第2部 22時          月華精進(はげみ)

第3部 第2部に引き続き    暁天明覚(めざめ)

夕方から深夜に至るお祭です

敷物、暖かい上着、夕食・夜食、(雨具)を用意されると良いです

その日のうちに電車での帰宅をお考え方は1部のみとなります

車は時間に制約なく参加できますが、駐車場スペースが少なく、

早めに入庫しないと混雑して満車になります

今のところ第3部まで出席して山上で夜明かし、

翌朝帰路に向かうことも考えています

(状況や参加者の希望により臨機応変に考えます)

<昨年の様子>

http://ameblo.jp/39itten/entry-11244647744.html

UESAKU

※ ご一緒頂く方は事前にまんだらや関西に

ご連絡頂きますようお願いします

<連絡先>

06(6865)2646

39itten@rokudaito.com

皆さまのご連絡をお待ちしております

合掌

大阪 シンギングボール なら 六大燈

株式会社 六大燈
代表取締役 髙橋駿一
(僧名:一天)
【住所】〒565-0851
 大阪府吹田市千里山西
 3-47-18
【Tel/Fax】06-7173-5626
【Mail】jimu@rokudaito.com

【交通・地図】
Copyright© 2012 rokudaito All Rights Reserved.